« BUMP HP 久々更新!! | トップページ | フリーズ »

2009年6月 3日 (水)

山下清展

Nec_0057_2 行ってきました

今日は講義は3限目までしかなかったので、4時半くらいに三原に帰ってきて

それから母と一緒に三原リージョンプラザへ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

すごかったですょいろいろと

子どものころから大人になってまでを絵を追って見ていくんですけども

最初は昆虫の絵が多かったです。貼り絵やペンで描かれていて、山下清の観察力や色彩感が子どものころからあったんだなぁと、感心しました。

それから風景画から静止画など、さまざまな手法で描かれていました。

貼り絵しか見たことなかったのですが、フェルトペンで描いたものや、水彩、油絵の作品もあって、どれも色鮮やかで、言葉にしようのないほどの作品ばかりでした。

戦時中に生きていた人なのに、あれだけの技法を持って描くというのは、やはり才能なのでしょうか。

特に貼り絵での遠近感や、ペン画での立体感はすごかったです。(ペン画はほぼ点描のような感じでした。)

ときどき、作品の隣に山下清のコメントが書いてあるんですけど、中でも印象深かったのが

「(大仏に)おがんでも、なにが起こるともわからないから、俺はおがまないようにしている。」(←かなりうろ覚え)

それもそうだな、と思ってしまった。

人はなにを持って仏様にお祈りするのだろうか、人間の都合のいいように作っているだけじゃないか、とか。。。

深いものがありますょ。( ´・ω・`)

6月7日(日)までなんで残り少ないですが、

三原のひと、近郊の人、是非行ってみてはいかがでしょうか

« BUMP HP 久々更新!! | トップページ | フリーズ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山下清展:

« BUMP HP 久々更新!! | トップページ | フリーズ »

フォト
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

手がきブログ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ